越谷の鉄道

越谷市にも鉄道が通っています。越谷市の南北に東武伊勢崎線が縦断しており、東西にJR武蔵野線が横断しています。特に東武伊勢崎線は越谷市のほぼ中心を二分するように縦断しているので、多くの方が利用しています。また東武伊勢崎線に乗車することで東京都23区内へのアクセスが便利になるので、都内のベッドタウンとしても知られている場所です。越谷市にはJRの駅が2つ、南越谷駅と越谷レイクタウン駅があります。南越谷駅は、東武鉄道と接続していますし、越谷レイクタウン駅は商業施設・イオンレイクタウンと直結しています。東武鉄道伊勢崎線はスカイツリーラインとも呼ばれている路線です。せんげん台駅・大袋・北越ヶ谷・新越谷・蒲生と北から南に続きます。新越谷駅ではJR線との接続が可能ですし、街の中心部や市役所に近いところに駅がありますので、便利です。越谷にはJR貨物のターミナル駅もあります。

 

また歴史を紐解いてみると明治時代には、「千住馬車鉄道」という千住から粕壁(春日部市粕壁)まで通じていた鉄道と、草加馬車鉄道という同じく千住から越ケ谷大沢(越谷市大沢)まで続いていた鉄道があったそうです。東武鉄道の開業によってこの二つの鉄道会社は廃業に追い込まれています。

 

越谷に東武線が開通したため、市内の居住者は鉄道を利用しやすくなったと言われています。ほぼ中心に鉄道が走っているため、徒歩圏内で駅に到着できる方が多くいらっしゃいます。東京都内や春日部市、浦和・国分寺などで仕事をされる方には便利が良いと言えるでしょう。